ふるさと納税で日本中におでかけに行こう|体験型ふるさと納税サイト「さといこ」

  1. ホーム>
  2. さといこ通信 >
  3. さといこの使い方&メリット
体験プランのある地域にすぐ行ける!「さといこ」の使い方
ふるさと納税の返礼品として、全国各地のさまざまな体験プランをご紹介している「さといこ」。
体験型返礼品に特化しているからこその、便利で楽しいサービスをご紹介します。

| さといこの特徴


当日の予約もOK! 思い立ったらすぐ予約、出発できる!

ホテルの宿泊、温泉、航空券など、旅行商品を返礼品として用意している自治体は実は数多くあります。
旅好きであれば利用したことがある方もいるかもしれません。

しかしその多くは宿泊券や回数券などのチケット制になっており、
自治体からチケットが郵送されるのを待たないといけません。
場合によっては数週間待たないといけないことも。

「さといこ」では、基本的にチケットなどが必要ないプランを掲載。
申し込みの段階で直近の空き日程を確認でき、空きさえあればなんと当日の予約も可能。
思い立ったらすぐに出発できます。


| さといこの使い方 


STEP1.控除額を知る


まずは自分の控除限度額がいくらなのか確認を。
体験プランを選ぶ際の目安にしてください。

例えば...

年収500万円共働きの場合のふるさと納税額は61,000円
※「共働き」は、ふるさと納税を行う方本人が配偶者(特別)控除の適用を受けていないケースを指します。(配偶者の給与収入が201万円超の場合)


 


 

STEP2.体験プランを探す 



トップページにはおすすめ体験プランやすぐに行けるプランが掲載されているので、
その時の気分によって参考にしてみましょう。

もちろん、応援したい自治体から検索することもできます。

プランの詳細ページに進むと、大きい写真もたっぷり掲載。
タイムスケジュールまで確認できるので、計画も立てやすくなっています。

プランを催行しているホストや自治体の基本情報、寄附金の使い道などもご紹介しています。


STEP3.参加日と人数を選ぶ




空き情報をカレンダーから確認できます。

ご自身が体験を行いたい日程を選んでください。

参加人数が複数の場合、控除を受けられるのは申し込み及び決済をした本人のみとなります。

表示される寄附額は基本的に1名あたりの料金なので、控除額の上限には気をつけてください。

 
友達と別決済で参加したい場合は、空き状況を確認の上、
同じ日、同じ時間の体験を同時に申し込めば一緒に利用することができます。

また、プランによっては、1組あたりの料金として、2人1組、4人1組など2人以上のグループ利用前提となっているものもあります。参加人数変更のご希望についてはホストに直接お問い合わせください。



STEP4.手続きを選択する



一般的な給与所得者かつ、年間の寄附先が5自治体以下の方は、
年度末の確定申告が必要のないワンストップ特例制度の利用がおすすめです。


また、寄附先が6自治体以上の方や確定申告を行わなければならない方は、
確定申告の利用になります。


                        

 

STEP5. 寄附金の使い道を選択




福祉や教育、環境保全活動など、多くの自治体では寄附金の使い道を複数提示しており、
自治体によっては寄附者が自分の支払う寄附金の使い道を指定することができます。

関心のあることを選べるのは寄附する側としてもうれしいですね。

STEP6.お支払い〜申込完了




決済はクレジットカードのみ。

取引条件説明書面を確認したら、お名前住民票の住所クレジットカード情報連絡先を入力して申し込み完了です。

ぜひ自治体への応援コメントも入れてくださいね!


申し込み状況はログイン後にページ上部の「体験プラン」から確認ができます。
持ち物の確認など、当日までの準備にお役立てください。


\ 体験へ行ってらっしゃい /


    

カテゴリ一覧

ページトップへ