ふるさと納税で日本中におでかけに行こう|体験型ふるさと納税サイト「さといこ」

  1. ホーム>
  2. さといこ通信 >
  3. 若者に告ぐ!!!初めてでも大丈夫!初めてのふるさと納税 ふるさと納税導入編
若者に告ぐ!社会人1年目でも安心!初めてのふるさと納税 ふるさと納税導入編



「ふるさと納税」っていう言葉聞いたことありますか?
もらって嬉しい返礼品がたくさんあります。
今回は社会人一年目のみなさまやふるさと納税制度を使ったことのない人でも
簡単にできるよう解説したいと思います!
この記事の目次

そもそも「ふるさと納税」とは?


自分の応援したい自治体に寄附をすることで、その自治体からお礼の品をもらえる制度です。



寄附額のうち2,000円を超える部分については所得税の還付、住民税の控除が受けられます。

つまり、実質自己負担2,000円で好きな地域を応援し、さらに嬉しい返礼品をもらうことができるんです。

さといこでは、
パラグライダーやカヌー、旅館・ホテルの宿泊など寄附先の地域に訪れて、
地域の魅力を存分に楽しむことができる体験型の返礼品だけを取り扱っています

応援したい自治体や生まれた故郷など、今行ってみたい場所に寄附してみてくださいね。


自分の寄附できる金額を調べよう!


ふるさと納税できる寄附金額人によって違います
これがややこしい部分でもありますが、一度確認すれば案外簡単です。
寄附できる金額は収入や家族構成によって異なります。つまり、お住いの自治体に納めている税金によって異なるのです。

例えば、、、
寄附しようと考えているあなたの「家族構成が独身」かつ「年収が300万円」の場合、
寄附できる金額は


約28,000円分の寄附ができて、
返礼品を実質自己負担額2,000円で楽しむことができちゃうんです。

もちろん上限金額を超えた金額でのふるさと納税もできます。
しかし、税金の控除に含まれないため返礼品をもらうことできますが、超えた分は自己負担となるのでご注意を。

ここで気になるのが、人によって家族構成も収入も違いますよね。

そこで、便利なのが控除額シミュレーター

自分の家族構成と収入を選択するだけで、簡単にふるさと納税できる金額を調べることができます。

ぜひふるさと納税する前に自分の目安金額を調べてみましょう!




ワンストップ特例制度で簡単手続き!


税金の控除を受けるためには「確定申告」または
確定申告をせずに寄附金控除が受けられる「ワンストップ特例制度」の申請のいずれかの手続きが必要です。

細かい条件はありますが、基本的に新入社員の方や会社員の方であれば「ワンストップ特例制度」が利用できるのでよりお手軽!

ワンストップ特例制度なら、
寄附が完了後に確定申告をしなくても、申請書に必要事項を書いて寄附先に書類を送るだけなので、簡単便利です。

社会人なりたての方や初めてふるさと納税される方は、ワンストップ特例制度を使って簡単手続きをしましょう。





さといこ とは?


アクティビティや宿泊などの体験型返礼品に特化して日本全国の地域の魅力を楽しめるふるさと納税サイトです。



【さといこの特徴】
・体験型返礼品だけを掲載
・180日先まで日時指定で即時予約が可能
・さといこだけのオリジナルな返礼品
・完全チケットレス
などなど

これらの特徴の通り、さといこなら旅行予約サイトのように、
行きたい日を選んで、予約した日に現地を訪れるだけで、体験を楽しむことができるんです。
初めてでも簡単・便利に使うことができますよね。

ぜひ初めてのふるさと納税は、さといこを使って魅力的な地域の体験に出会ってみませんか。




さといこの体験を見てみよう!


今回はふるさと納税の仕組みについて説明しました。
このように、ふるさと納税は誰でも簡単に活用できる制度なんです!

そして次の記事では、社会人に成り立ての方にもおすすめな気軽にできる体験をご紹介します!
新入社員の方や初めてのふるさと納税される方は必見です!




カテゴリ一覧

ページトップへ