ふるさと納税で日本中におでかけに行こう|体験型ふるさと納税サイト「さといこ」

  1. ホーム>
  2. ふるさと納税ガイド>
  3. ふるさと納税の確定申告

ふるさと納税の確定申告

確定申告とは

確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得とそれに対する税金を計算し、過不足額を精算する手続きです。確定した税額を「申告納税」する手続き、あるいは源泉徴収などによって納めすぎた税金を「還付申告」する手続きというイメージです。

確定申告は人それぞれの税金額を正しくするための調整手続きです。

ひとつの企業から給与を受け取っているサラリーマンは確定申告をする必要はありませんが、必要になるケースもいくつか存在します。

確定申告が必要な場合

確定申告が必要な場合の代表例をいくつか挙げます。

個人事業主(自営業など)の場合

2,000万円を超える給与収入があった場合

不動産所得があった場合

各種控除(寄付金、医療費、住宅ローンなど)を受ける場合

ふるさと納税は、「寄付金」の扱いですので、確定申告をすることで納めすぎた税金が払い戻される還付・控除の対象になります。

確定申告を行う場合、1月から12月までの寄附内容を翌年の3月15日までに申告する必要があります。 (ワンストップ特例制度は翌年の1月10日が申込期限です。)

ふるさと納税の確定申告

以下のいずれかに当てはまる場合は、確定申告が必要になります。

  • ①1年間で寄附した自治体は6か所以上
      →自治体数でのカウント、1自治体へは何回寄附をしても大丈夫です。
  • ②寄附した自治体に「ワンストップ特例の申請書」を提出していない
      →1自治体でもあれば確定申告が必要です。
  • ③確定申告が必要な事案がある
      →上記の「確定申告が必要な場合」に該当する方は、ふるさと納税分も確定申告内で申請してください。

参考例

カテゴリ一覧

ページトップへ