ふるさと納税で日本中におでかけに行こう|体験型ふるさと納税サイト「さといこ」

  1. ホーム>
  2. おすすめ体験特集! >
  3. 仙北市で歴史を感じる旅
【東京都〜秋田県】あのオレスラソフトクリーム片手にみちのくの小京都「角館」散策。観劇とミュージカル舞台裏潜入体験1泊2日!
いつも「さといこ」のご利用有難うございます。
「さといこ」を使って楽しめるモデルコースをご紹介します!

今回は秋田県にある仙北市へ週末のおでかけ1泊2日コースを組んでみました!


***今回のコース***

朝    東京出発

お昼   秋田県の角館駅に到着!
     駅前で「オレスラソフトクリーム」を<さといこ>で購入。

食べながらみちのくの小京都・角館「武家屋敷通り」を町歩き

お昼過ぎ あきた芸術村にてオリジナルミュージカル舞台鑑賞!
     <さといこなら特別に舞台裏見学、役者さんとの記念写真撮影もできちゃいます!> 

夕方   あきた芸術村敷地内ゆぽぽ温泉&宿泊。

翌日   大満足で東京へ気をつけてお帰りください! 

************

冬の秋田は寒いので、唇をあまり開けずに話せるような方言になったそうです。
行こう、は「あべ」(歩こう=あぐべ、が縮まったらしいです)といいます。
さあ、みなさんも秋田に「ひとづにあべ(一緒に行こう)!」

〜〜〜〜もくじ〜〜〜〜

▼仙北市ってどんなところ?
▼新幹線で角館駅に到着!駅前で早速「オレスラソフト」を購入。
▼オレスラソフトを片手に武家屋敷通りを散策!
▼あきた芸術村にて舞台鑑賞、舞台裏見学、役者さんと記念写真撮影!
▼あきた芸術村内ゆぽぽ温泉&宿泊
▼まとめ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





| 仙北市ってどんなところ?


仙北市は秋田県の東部に位置する市。
秋には紅葉の盛りの秋田駒ケ岳や、蔵の街並みが残る「みちのくの小京都」角館(かくのだて)、
日本一の深さを誇る田沢湖(たざわこ)などを抱える仙北市。
田沢湖が一周できる「田沢湖マラソン」は東北イチ有名といわれてフルマラソンができる毎年9月の一大イベント!
日本のグリーンツーリズム発祥の地でもあり、農山村体験なども盛んです。



特に観光地として有名な角館の「武家屋敷通り」は、仙北市角館伝統的建造物群保存地区、国の重要伝統的建造物群保存地区の選定を受けて文化財として保護されています。


| 新幹線で角館駅に到着!駅前で早速「オレスラソフト」を購入。




さて、角館駅に着きました。
駅目の前にオレスラソフトを買える「ローズメイカフェ・ファクトリーショップ」はあります。
ここは、秋田でしか手に入らない・特別なものを発信するため、「FAN AKITA」のクラウドファンディングを通して開設されたショップです。



オレスラソフトとは、
このショップで限定販売されているオレンジスライスジャムを使った「オレンジスライスソフトクリーム」のことです。
食にこだわる姿勢が味に反映されている数少ないブランドとして、TVや雑誌などで度々取り上げられるウワサのジャムなんです。

皮ごとまるっと食べられるよう国産のオレンジのみを使用、種類は種が少なく実がぎっしりと詰まったネーブルオレンジのみ。
完熟したこのネーブルオレンジを輪切りにし、自養蜂場で採取した純粋アカシヤはちみつとくだものの果糖で煮込みます。
このときに粘りをだすペクチンや防腐剤などを一切添加しない果汁100%のフレッシュなジャム!

輪切りのネーブルオレンジを一枚一枚を丁寧に瓶詰めした安心のこの手作りジャムは、トーストや紅茶のみでなくソフトクリームとの相性が抜群!

ウワサのあのオレスラソフト。角館駅を降りてすぐ買えちゃいます!
新幹線に乗っている間に予約ができますよ~!

現地に着いてからも下記のようなPOPからQRコードを読み取ってキャッシュレス決済ができちゃいます!



ちなみに…ネーブルオレンジの産地である瀬戸内地方の広島県や和歌山県など、県によって微妙に旬が異なるらしく、旬を迎えた産地から順に取り寄せるそうですよ!
「自然・安心・美味しい」が基本コンセプトの良いお店!



| オレスラソフトを片手に武家屋敷通りを散策!


武家屋敷通り、は読んで字のごとく武家屋敷が並ぶ武家町。
かつて武士が実際に生活していた場所です。
この通りは仙北市角館町にあり、新幹線の角館駅から端まで歩くまでおよそ20~30分ほど続きます。

みちのくの小京都とよばれるここ角館(かくのだて)は、年間およそ200万人が訪れる人気の観光名所です。
江戸時代初期に、京の公家出身である佐竹氏が城下町としたため京文化が移入しました。

戊辰戦争で藩内各地が戦場になりましたが、角館だけが戦渦をのがれた、街全体がまさに歴史そのものなのです。
仙北市角館伝統的建造物群保存地区、国の重要伝統的建造物群保存地区の選定を受け文化財としても保護されており、道路も防火のため、広めに作られています。
日本全国の武家屋敷群のなかでもかなりの戸数を有するそうです。
それぞれの武家屋敷の見学もでき、造りや大きさも違って楽しめます。

観光客のために無料休憩所や食事がとれる施設も敷地内にあるので安心して散策してくださいね。

「樺細工(かばざいく)」という江戸時代から受け継がれる角館の伝統工芸品を制作できる体験工房もそこここにあります。山桜の樹皮を用いた細工物で、磨いてつくる独特な色合いがあります(要事前予約)。




| あきた芸術村にて舞台鑑賞、舞台裏見学、役者さんと記念撮影も!




角館駅からでているシャトルバスに乗り込み、10分ほどであきた芸術村へ。

<バスの案内:https://www.warabi.or.jp/?page_id=702

あきた芸術村は、ビールレストラン、ゆぽぽという温泉と宿泊施設、わらび劇場、体験工房などが集まった複合レジャー施設です。

ここの劇団わらび座にのキャッチフレーズは「人生が変わる劇場」。
秋田発のオリジナルミュージカルは、迫真の演技でそのクオリティの高さで評判。
小劇場だからと侮ることなかれ!

さといこからのお申込みなら、このオリジナルミュージカルの観劇に加え、なんと舞台裏見学、さらには役者さんとの写真撮影がセットになった特別プランが体験できちゃいます!

普段見れない舞台裏への潜入や、さっきまで舞台の上にいたホンモノの役者さんとお話できるなんて夢みたいじゃありませんか?







| あきた芸術村内ゆぽぽ温泉で宿泊


劇場で楽しんだ後は、あきた芸術村内にあるゆぽぽ温泉へ。
ここは一軒宿で、日本庭園を望む浴場は天然温泉です。皮膚病やきりきずなどによく効く名湯と言われています。



温泉の後はあきた芸術村敷地内にある田沢湖ブリュワリーレストランで、地ビールなどはいかがでしょうか。

田沢湖ビールは2019年の「世界のビールコンペティション」にて、
【ピルスナー】【アルト】がそれぞれ世界一と金賞を受賞したそうです!
田沢湖ビールは2011年から通算で8回も世界一に輝いています。
チョット一杯、飲みたくなりませんか。


| まとめ

いかがでしたでしょうか。
仙北市は古い歴史を大切に保護しながら、現代のわたしたちを楽しませてくれる要素がいっぱい。
お土産にはここでしか買えない瓶詰めの「オレンジスライスジャム」や、手作りをした角館の伝統工芸品「樺細工」、ビールレストランの地ビールなどはいかがでしょうか。

さあ、今週の2連休には仙北市に「ひとづにあべ(一緒に行こう)!」

*** 今回ご紹介したアクティビティのお申込 ***

②「『オレンジスライスジャム』のソフトクリーム、食べてみたい!?」 詳しくはこちら >>

④「観劇&役者と一緒に写真を撮ろう!舞台裏もお見せします!(午前)」  詳しくはこちら >>




カテゴリ一覧

ページトップへ