体験特化型ふるさと納税サービス「さといこ」

よくあるご質問

自治体のご紹介

自然が活きる、人が輝く、交流のまち”胎内” 新潟県胎内市

平成17年(2005年)に旧中条町と旧黒川村が合併して誕生した当市は、新潟県の北東部、県都・新潟市から北へ約40kmに位置します。

 飯豊連峰を源とする母なる川・胎内川を中心に形成された市域は東西に細長く、上流部は四季折々の渓谷美、中流部の扇状地は肥沃な優良農地、海岸線には砂丘が広がります。

かけがえのない豊かな自然や先人たちが築きあげてきた歴史・文化を背景に、さまざまな社会基盤を創出、発展させてきました。

市民共有の財産を大切に活かし、新たな時代を見据え、「自然が活きる、人が輝く、交流のまち」を基本理念に、地域の特性を尊重した自立都市の実現のため、皆様からの応援を、心からお待ちしております。

山から海まで自然がいっぱい

飯豊連峰

昭和25年に磐梯朝日国立公園に指定された「飯豊連峰」。ほぼ南北に走る主脈には標高2,000m前後の山々が連なっています。主稜線は、東面が急斜面、西面がなだらかで、草原の広がるのびやかな頂稜のあちこちに池塘を点在させており、多くの高山植物を見ることができます。

胎内高原リゾート

緩やかな丘と山々に覆われた美しい胎内高原リゾートでゴルフ、パラグラダー、フィッシング、スキーなど様々なアクティビティを楽しんだ後は、ロイヤル胎内パークホテルで四季折々の景色を眺めながらの露天風呂を楽しむことができます。

チューリップフェスティバル

"昭和30年代後半から本格的に始まったチューリップ栽培は、現在では「市の花」にも指定され、砂丘地としては生産量日本一を誇ります。

毎年4月下旬から5月上旬に開催されるチューリップフェスティバルでは約60種類80万本ものチューリップが2ヘクタールの畑一面に広がり、隣接する2ヘクタールの菜の花畑との共演は春の温かな日差しに照らされ、圧巻の大パノラマをつくりだします。"

目次

寄附金の使い道

子育て環境の充実支援

「子育て環境の充実につながる事業」に活用させていただきます。

子どもたちの心身育成支援

「子どもたちの心身育成につながる事業」に活用させていただきます。

地域活性化支援

「地域活性化につながる事業」に活用させていただきます。

健康づくり支援

「健康づくりにつながる事業」に活用させていただきます。

市長に一任

市長が選択する事業に活用させていただきます。

人気のおみやげ

胎内市産コシヒカリ

胎内高原ワイン

胎内高原ビール

胎内高原の水

羽毛ふとん

新潟県胎内市の体験プラン