体験特化型ふるさと納税サービス「さといこ」

よくあるご質問

自治体のご紹介

明智光秀・細川ガラシャゆかりのまち 京都府長岡京市

長岡京市は、京都と大阪のちょうど中間にある、面積19.17平方キロメートルほどのコンパクトなまちです。2本の鉄道によるダブルアクセスで、京都中心部まで10分、大阪中心部まで30分で行くことができるため、通勤・通学・お買い物にとっても便利!多くの子育て世代に選ばれ続けるまちでもあります。

一方で、市内には西山連峰をはじめとする豊かな自然がのこり、田園風景がひろがるのんびりとした雰囲気も人気の理由。

市の名前にもある「長岡京」の都がかつて置かれた地でもあり、また、戦国一の知将「明智光秀」が敗れた山崎合戦の際に最期の夜を過ごした勝龍寺城では今も遺構が残るなど、豊かな歴史資源に彩られた街でもあります。

豊かな自然と奥深い歴史が融合するまち、長岡京

ガラシャ輿入れの城・明智光秀最期の城「勝龍寺城」

明智光秀の娘・玉(ガラシャ)が藤孝の嫡男・忠興との幸せな新婚生活を送った勝龍寺城。
本能寺の変後の“山崎合戦”に敗れた光秀は、この城に逃げ込み、最期の夜を過ごしました。

現在は、公園として整備され、展示室ではパネルや映像により長岡京市にゆかりのある人物を紹介。
山崎合戦の古戦場ともなったこの地には、勝龍寺城跡意外にも光秀ゆかりの地が点在しています。

花手水がSNSで話題「柳谷観音 楊谷寺」

初夏には40種、約5,000株のあじさいが、秋には紅葉で山が彩られる花の寺。
最近は四季の花を手水鉢に浮かべた「花手水」がSNSで大人気。

山間にある静寂な雰囲気を持つお寺。
境内には空海(弘法大師)の法力による霊水「独鈷水(おこうずい)」があり、眼病平癒のご利益で知られている。

京都屈指の紅葉寺・西山浄土宗総本山「光明寺」

JR東海「そうだ 京都、行こう」で取り上げられた京都屈指の紅葉寺。
視界一面を紅葉に染める約200mの「もみじ参道」は必見!

西山浄土宗の総本山で、法然上人が初めて念仏産声をげた「三昧院」も。

目次

京都府長岡京市からのお知らせ

①受領書について付記(下記)

寄付金受領証明書は、自治体が入金を確認してから発行手続きを行い、お礼状と併せてお手元に届きます。
※お礼の品とは別で届きます。
長岡京市では、寄附をいただいた月の翌月5日までに発送予定をしています。
(例:11月中に寄附をいただいた場合、12月5日までに寄附金受領証明書及びお礼状を郵送します)


②ワンストップ特例制度の付記(下記)

ワンストップ特例制度の適用を受けられる方は、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」「マイナンバー」「本人確認書類」を寄付の都度、自治体に送付する必要があります。
これらの書類の送付期限は、ふるさと納税をした年の翌年1月10日自治体必着となっていますので、お気を付けください。

寄附金の使い道

住みたい住み続けたいまちづくりのために

寄付金は以下の施策に有効活用させていただきます。
・こども:子育て環境の充実、学校施設の整備など
・くらし:健康づくりの促進、医療体制の確保、地域福祉の向上など
・かがやき:自治活動の促進、文化・スポーツ・生涯学習環境の充実など
・まち:市街地の整備、商工業・観光の振興など
・みどり:西山の整備、水資源の保全など
・けいえい:まちの魅力発信の推進など

人気のおみやげ

特産品・たけのこ

ご当地銘菓・たけのこ最中

職人技が光る・竹のアクセサリー

勝龍寺城・御城印

京都府長岡京市の体験プラン